活動報告

「マギーズ東京 オープニング セレモニー」

2016年10月10日(月)にオープンした、がん患者やその周囲の人々の心を癒す施設「マギーズ東京」。イギリス発祥のこの施設が、初めて日本にもオープンするということで、温かな雰囲気の中オープニングセレモニーが開催されました。
今回、日テレアートでは、セレモニーのお手伝いとして、入場ゲートの制作やテントの設営などを行いました。

10月8日。前々日準備では、飾られている動物のオブジェを一時的に撤去します。

元の位置に戻す時に動物の位置がわからなくならないよう、ヒモで区画をつくり、杭で印をする等の工夫をしました。その後、この場所は草刈りをされ、当日はテントが立ち並ぶエリアに。

10月9日。テントや、以前から準備を進めていたメインのオープニングゲートを設置します。まずは土台に布を巻きつけて、花を飾り…。

完成したのがこちら。 華やかで優しい雰囲気のオープニングゲートになりました。

10月10日。いよいよオープニングセレモニー当日です。会場には1000人以上の方が来場し、大盛況でした。

10日の閉会後と翌11日には、ゲートやテントの撤去と動物オブジェを元の位置に戻す作業を行いました。

会場を元通りにして、4日間にわたる今回の活動は無事に終了しました。
マギーズ東京という素敵な場所が、がんに関わる多くの方の癒しとなることをお祈りしています。

活動報告一覧